増え続ける若年層の薄毛|原因と対策法を知ろう

老化だけが要因ではない

薄毛や抜け毛の症状で悩む女性は、とても多くなっています。
その原因は加齢によるものと考えられていますが、実はそれだけではないのです。
最近では、20代から30代の若い女性でも薄毛や抜け毛の症状を発症している人が増えています。
若年性脱毛症と呼ばれるその症状を改善するには、きちんと原因から検査し、見合った方法で治療を行なっていくことが大切なのです。

若年性脱毛症を発症する仕組み

薄毛や抜け毛は主に、頭皮の状態が悪いことや毛母細胞という器官が衰えてしまうことから発症します。
しかし、一方で若年性脱毛症は全く異なる原因から症状を引き起こしてしまうのです。
その原因は、ヘアサイクルと呼ばれる髪の毛の生まれ変わりを行なうシステムがきちんと作動していないことです。
肌と同じように、髪の毛にもターンオーバーが存在します。
古い髪の毛は時期が来ると抜け落ち、新しい髪へと生え変わります。
しかし、何かしらの原因でこのヘアサイクルがうまく働かなくなってしまうケースがあるのです。
そして、抜け毛が発生したり毛髪が細くなってしまったりといった現象を引き起こします。
若年性脱毛症の正体は、こういったヘアサイクルの異常が元となっています。

注目★ドクターリセラ 口コミ
ハリと弾力を求める40代女性から人気の美容液

主な原因と対策の仕方

若年性脱毛症になってしまう原因は、様々なことが挙げられます。
一つ目は、無理なダイエットによるものです。
現代では、痩せたいがために無理な食事制限やハードな運動などを繰り返す若者が多くなっています。
そのような生活を続けていると、ホルモンバランスを崩してしまう要因となります。
女性ホルモンの中に含まれるエストロゲンという成分には、美しい毛髪を作り出してくれる作用があります。
きちんと栄養を摂っておかないと、健康的な髪の毛を作ることはできないのです。
また、過剰なダイエットは髪の毛だけでなく自律神経も乱してしまいます。
自律神経の乱れは、身体全体の不調にも繋がりますので気をつけましょう。
日頃から、栄養バランスの摂れた食事を摂ることと適度な運動を心がけることが予防に繋がるのです。
二つ目は、ヘアカラーやパーマなどといったもので頭皮にダメージを与えてしまうことです。
オシャレのために髪の毛を染めたり、パーマをしたりする女性は多いです。
見た目は華やかで可愛いですが、これらに使う液体には頭皮に強い刺激を与えてしまう成分もたくさん含まれています。
頭皮に強い刺激が加わると、髪の毛の成長を妨げてしまう結果となるのです。
そのため、過度なヘアカラーやパーマは避け、少なくとも2ヶ月以上は頭皮を休ませておくことが大事です。
三つ目は、頭皮ケアを怠っていることが原因となります。
特にシャンプーは頭皮に多大なダメージを与えてしまいます。
強い薬剤が入ったものを使ったり、正しい洗い方をしていないと頭皮に負担をかけてしまうことになるのです。
きちんとした方法で頭皮のケアを行なっていくことが、薄毛対策に繋がるのです。

注目★女性用育毛シャンプー ランキング
人気の女性用育毛シャンプーが一目で分かる!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>